ニートくんの思考ログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニートくんの思考ログ

FXで奨学金溶かしました!\(^o^)/

【5冊目】株の超入門書【株】

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

 

いちばんカンタン! 株の超入門書

 

本日の本は、株の超入門書です
適当に選びましたが分かりやすかったです(´-ω-`)

【オススメ度】★★★★★
【書名】株の超入門書
【著者】安恒理
【発行年】2010年
【出版社】高橋書店

丁寧な説明がなされており株知識0の初心者でも非常に分かりやすかったです
また、全ページカラーで親近感の持てる挿絵があるのも良かった
初心者向けとはいえ、役立ちそうなテクニックもしっかりと解説されており

株の経験者でも読んでおいて損は無いように思えます(´-ω-`)

以下、レバレッジメモ

 

●株で儲ける方法は3種類
①値上がり益で儲ける(キャピタル・ゲイン)
→株を安く買い、高く売ることによって利益を得る
②配当金で儲ける(インカム・ゲイン)
→業績に応じて貰える(2~3%) 着実に利益を得られる
株主優待で儲ける
→例:マクドナルドの無料券
●配当+株主優待を受けるには権利確定日から3営業日前までに株を買う必要がある
→権利確定日前は株価が高くなる傾向がある 駆け込み需要
●株価に影響を与える主な要因
①世の中の景気
日銀短観や政府が発表している経済指標が参考になる
②業績好調
決算短信や業績予想に注目
③新製品の開発や生産の拡充
→工場の開発はプラス要素
④増配や復配
新興市場はハイリスク・ハイリターン
ジャスダックやマザーズは新興市場で占められている
特にマザーズは赤字経営でも上場できる
成長性豊かで大化けする可能性を秘めている
●株の注文方法は2種類
①成行注文
→高確率で取引成立 売り注文の最安値で買う(買い注文の最高値で売る)
高値で買ってしまうリスクがある(安値で売ってしまうリスクがある)
指値注文
→取引が成立しにくい 指定した株価で買える
●買い注文は成行で売り注文は指値だと上手くいくケースが多い
●逆指値注文
→通常、指値注文では、株価が○円に下がったら買い、株価が○円に上がったら売り
という注文を出すが、逆指値注文では、それを逆にする
そうすることにより、トレンドに乗って利益を追ったり、損失拡大を防ぐ
ことが可能となる
東京証券取引所(東証)の取引時間は毎週月曜日~金曜日までの
午前9時~11時半(前場)、午後12時半~3時(後場)
前場→寄付き~前引け 後場→寄付き~大引け
●銘柄選びに必要な分析方法は2種類
ファンダメンタルズ分析
→会社を取り巻く経済状況と会社の業績から分析
例:世の中の景気 為替の動き アメリカや新興国の状況 各種経済指標 決算書
テクニカル分析
→チャートを駆使して売買タイミングやトレンドを分析
例:ローソク足 トレンドライン 移動平均
ゴールデンクロスデッドクロス グランビルの法則
●身近なところで景気は実感できる
例:サザエさんの視聴率が良いと景気が悪い
→日曜日に外出しないのは景気が悪いから
決算短信の見方
経営成績は売上高、営業利益、経常利益、当期純利益によって表される
売上高→商品やサービスの提供でどれくらい稼いだかを示すもの
営業利益→売上高から売上原価、販売費、一般管理費を差し引いたもの 本業の収益
経常利益→営業利益に本業以外での収支(銀行の利息等)を合わせたもの
当期純利益→経常利益から税金を支払った残り
●本業の儲けである営業利益が株価に大きな影響を与える
●業績予想の修正によって株価も反応する
●主要な経済指標
日銀短観→企業へのアンケートによる大まかな景気の分析
②経済成長率→GDPの伸び率を表したもの
③機械受注統計→設備投資の先行指標として有効
鉱工業生産指数鉱業と製造業の生産活動を分析
国のGDPを占める割合において、この2つが大きいので景気の状況を知るのに有効
完全失業率→景気が悪くなると失業者は増える
●株における4つの重要指標
①PER(株価収益率)→株価÷1株利益 PERが低いほど株価は割安
東証一部の平均PERは15倍程度 15倍以下の株は得
②PBR(株価純資産倍率)→株価÷1株純資産 会社の解散価値から株価を判断する
PBR>1→高評価 PBR<1→低評価 PBRによる割安度は1倍を判断基準とする
ROA(総資産利益率)→当期純利益÷総資産×100
経営効率の判断に利用できる 5%以上なら経営効率が良い
自己資本比率→純資産÷総資産×100
全体の資産における自己資本の割合が分かる 40%以上なら倒産のリスクは低い
●トレンドの転換点
株価が下値支持線を突き破る→下降トレンドにブレイクダウン
株価が上値抵抗線を突き破る→上昇トレンドにブレイクアップ
●保ち合いの種類とパターン
【買い】
①上昇三角型→上値抵抗線水平 下値支持線上昇
②上昇ペナント型→上値抵抗線下降 下値支持線上昇 上値抵抗線を突き破る
③上昇ウエッジ型→上値抵抗線下降 下値支持線下降 上値抵抗線を突き破る
【売り】
①下降三角型→上値抵抗線下降 下値支持線水平 下値支持線を突き破る
②下降ペナント型→上値抵抗線下降 下値支持線上昇 下値支持線を突き破る
③下降ウエッジ型→上値抵抗線上昇 下値支持線上昇 下値支持線を突き破る
●上昇トレンド時は押し目を狙う
利益確定で売りが増えて株価は一時的に下落するが
買いたい人も多いので買い注文が入り株価は反発する
ゴールデンクロスデッドクロス
ゴールデンクロス→短期線が長期線を下から上に突き破る 上昇トレンドに転ずる
デッドクロス→短期線が長期線を上から下に突き破る 下降トレンドに転ずる
グランビルの法則
【買いシグナル】
①株価が移動平均線を上に突き破る
②上昇している移動平均線を株価が下に突き破る
③株価が移動平均線に向かって下落するがクロスすることなく再び上昇
④株価が移動平均線を大幅に下回った場合、株価は反発する
【売りシグナル】
①株価が移動平均線を下に突き破る
②下降している移動平均線を株価が一時的に上回って、すぐに下に突き破る
③株価が移動平均線に向かって上昇するがクロスすることなく再び下落
④株価が移動平均線を大幅に上回った場合、株価は反発する
●資産三分割が重要
全財産を現金や預金、不動産、有価証券に三分割する
→バランス良く資産運用をしてリスク分散する
●株も分散投資するのが肝要
ナンピン買い
→株が値下がりした時にその株を買いなおし平均購入単価を引き下げる方法
ドル・コスト平均法
一定の金額で株を買い続け平均単価を下げる
→中長期の投資に向いている 横ばいトレンド時に最も効果を発揮する
●株価が上向き、かつ出来高が増え始めたら買い時
出来高→ある一定期間に取引された株数
出来高が増えすぎたら売り時
●セリングクライマックス
出来高急増に伴い株価が大幅に下がると下落相場が大底から転換するサイン
★お役立ちサイト
【金融情報総合サイト】
Yahoo!ファイナンス

http://www.soumu.go.jp/
【統計・指標】
内閣府

http://www.cao.go.jp/
総務省
http://www.soumu.go.jp/
経済産業省
http://www.meti.go.jp/
日本銀行
http://www.boj.or.jp/
【株取引お役立ち情報】
①みんなの株式
http://minkabu.jp/
【金融ニュース】
日本経済新聞電子版
http://www.nikkei.com/
【バーチャル取引サイト】
①TRADING DERBY!
https://www.k-zone.co.jp/td/dashboards/index

 

いちばんカンタン! 株の超入門書

いちばんカンタン! 株の超入門書