ニートくんの思考ログ

ニートくんの思考ログ

FXで奨学金溶かしました!\(^o^)/

英単語を効率良く覚える! SVL12000をAnkiに入れる方法

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

 

f:id:neetkun2015:20140623020329j:plain

 

 

はじめに

 

色々と試行錯誤して

Anki用のSVL12000の

問題集をつくりました!\(^o^)/

 

その時の経験を基に

SVL12000の問題集の

つくり方を簡単にまとめました(´・ω・`)

 

30分ほどでできます

もちろん、無料です!(`・ω・´)

 

※エクセルは完全に素人なので

やり方が意味不明かもしれませんが

ご了承ください_(:3 」∠)_

 

Ankiとは何か?

 

暗記を効率良くするための無料ソフト

 

主に外国語学習で用いられるソフトで

英単語を暗記するのに最適です(´・ω・`)

 

最初に英単語が出てきて

解答を表示すると

下に訳が出てくる仕組みです(*´ω`*)

 

f:id:neetkun2015:20161223183539p:plain

f:id:neetkun2015:20161223183542p:plain

 

忘れがちな単語を重点的に覚えられる

 

Ankiの最大のメリットは

上の画像にあるように

単語の暗記度に応じて

問題を出してくれることです!(`・ω・´)

 

例えば、完璧に覚えていたら

簡単を押せば、4日間は出てきません

 

逆に分からなければ

もう1回で1分後にまた出てきます

 

その後は普通を押すことで

翌日にもう一度

復習ができるというわけです

 

単語帳はネットに公開されている

 

自分で単語帳をつくることも可能ですが

既に誰かが作った単語帳を

ダウンロードして取り込むこともできます

 

秀逸なものも探せばあるでしょう(^ω^)

 

無料で手に入る!

 

Ankiは無料ソフトなので

お金はかかりません(゚∀゚)

 

サイトからダウンロードできます

 

参照

Ankiダウンロード

 

スマホアプリもある

 

Ankiは

iPhoneとアンドロイドにも対応しており

専用アプリがあります(´・ω・`)

 

ただし、アンドロイドアプリが無料なのに対して

iPhone版アプリは有料です

しかも、3000円と高いです・・・( ;∀;)

 

SVL12000の問題集の作り方

 

SVL12000とは何か?

 

SVL12000で検索してくださった方に

説明する必要はないと思いますが

一応、説明すると

超基礎単語からネイティブクラスの難単語までの

実用的な単語を12000コ集めたものが

SVL12000です!(`・ω・´)

 

書籍でも究極の英単語という名前で

アルク出版から出されています(´・ω・`)

 

今回はそのSVL12000を

無料でAnkiに入れようというわけです(^ω^)

 

 

問題の倉庫に行く

 

問題の倉庫というサイトに行きます(´・ω・`)

ありがたいことに

SVL12000の単語が全て載っています!

 

参照

問題の倉庫

 

f:id:neetkun2015:20161223152630p:plain

 

Level1~12の単語帳ファイルをメモ帳に保存する

 

各レベルの単語帳ファイルをクリックすると

下の画像のように

英語と訳が表示されます(^ω^)

 

これらを全レベルでコピーして

メモ帳に貼り付けます_(:3 」∠)_

 

単語はCtrl+Aで全て選択できます(゚∀゚)

 

レベル毎に単語帳をつくりたければ

テキストファイルを12個つくれば良いです(´・ω・`)

俺は面倒臭かったので全レベルをまとめました

 

f:id:neetkun2015:20161223154040p:plain

 

メモ帳をエクセルで開く

 

メモ帳のテキストファイルを

右クリック⇒プログラムから開く

⇒エクセルで開きます_(:3 」∠)_

 

エクセルがなければ

無料のOpenOfficeでも構いません(*´ω`*)

 

f:id:neetkun2015:20161223154739p:plain

 

B1とB2にαとβを入力 B1~B24000にコピペ

 

別にαとβでなくても良いです

英語と日本語を別々に抽出するために

文字を割り振っています(´・ω・`)

 

B24000でShift+左クリック

B1からB24000まで選択して

αとβをコピペします_(:3 」∠)_

 

f:id:neetkun2015:20161223165640p:plain

 

B列をオートフィルターする

 

B列を指定して

データ⇒フィルター⇒オートフィルター

 

f:id:neetkun2015:20161223175011p:plain

 

αとβで抽出した単語をSheet2に貼り付ける

 

新たにSheet2をつくって

A列とB列に英語と訳を貼り付けます(^ω^)

 

f:id:neetkun2015:20161223175817p:plain

f:id:neetkun2015:20161223175825p:plain

 

オートフィルターで

αとβをそれぞれ抽出して

コピペします(*^。^*)

下の画像のようになったら成功です

 

※B列は一番上がaにならないようにしてください

 

f:id:neetkun2015:20161223175645p:plain

 

名前をつけてCSVファイルとして保存

 

テキストファイルをCSVファイルで保存します

これでAnki側から読み込めるようになります(゚∀゚)

 

文字コードをUTF-8にする

 

これは非常に大事です(; ・`д・´)

文字コードがUTF-8でないと

Ankiで読み込んでくれません!

 

CSVファイルをメモ帳で開いて

名前をつけて保存するで

文字コードをANSIからUTF-8にします

 

f:id:neetkun2015:20161223180722p:plain

 

AnkiでCSVファイルを読み込んだら完成

 

Ankiでファイルを読み込むから

作成したCSVファイルを

指定して読み込んだら完了です!\(^o^)/

 

f:id:neetkun2015:20161223182246p:plain

 

こういう風に

上に英単語が表示され

解答を見た時に

下に訳が出てくれば成功です!(`・ω・´)

 

f:id:neetkun2015:20161223182249p:plain

 

以上で終わりです

お疲れさまでした(´・ω・`)

 

まとめ

 

①Ankiを使えば効率良く暗記ができる

②SVL12000は無料でAnkiに入れられる