ニートくんの思考ログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニートくんの思考ログ

FXで奨学金溶かしました!\(^o^)/

ポーカー基本戦略のまとめ(1) ~キャッシュゲーム編~

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

 

f:id:neetkun2015:20161016180650j:plain

 

 

 

はじめに

 

はじめに

 

主にポーカーストラテジーに掲載されている戦略を中心に

キャッシュゲーム(リングゲーム)とトーナメントでの

基本的な戦い方を備忘録として、まとめてみました( ˘ω˘ )

 

俺自身も今まで、我流でプレイしてきて浮き沈みが激しかったので

これを機にポーカーの勉強をきちんとしようと思います_(:3 」∠)_

いやいや、25NLから急にレベル上がりませんかね・・・

 

マニュアルの良いところは

初心者が短期間で中級者になれることですね

無論、上級者になるには応用スキルが必要ですが

しかし、応用は基本の上に成り立っているわけで

基礎の土台が疎かになっていてはダメなわけです(;゚Д゚)

 

何事も基本は大事です( ˘ω˘ )

というわけで、基本戦略を見ていきます

 

ポーカーストラテジーとは

 

さて、そもそも、ポーカーストラテジーとは

多言語に対応した世界的なポーカー情報サイトで

特にノーリミットテキサスホールデムに関して

非常に有益な情報が数多く載っております!( `ー´)ノ

 

オンラインポーカーを始めるなら888poker!

 

オンラインポーカーサイトでメジャーなのは

ポーカースターズ888pokerの2つです(´・ω・`)

 

前者は確かに、世界一巨大なポーカーサイトで

プレイヤーも多いですし、色んなイベントもやってます(゚∀゚)

 

しかし、プレイヤーのレベルも高く

一番低いレートの2NLですら勝ちにくいのが現状です( ;∀;)

 

それに対して、888pokerプレイヤーのレベルが低く

それに加えて、登録するだけで入金不要の88ドルボーナス初回入金100%ボーナス

毎日開催される賞金88ドル保証の参加無料の日本人限定フリーロール

などなど、様々な特典がついています!\(^o^)/

 

ですので、最初にオンラインポーカーを始めるなら

888pokerオススメです!(`・ω・´)

 

 

キャッシュゲームとは何か?

 

キャッシュゲームとはリングゲームとも言いますが

1つのテーブルに6人~10人ほど集まってプレイするゲームです

トーナメントとの最大の違いはブラインドが上昇しないことと

テーブルにもよりますが、アンティが発生しないことですね(*^。^*)

また、いつでも好きな時にゲームをやめられます

 

キャッシュゲームでの基本戦略3つ

 

①ショートスタック戦略(SSS:Short Stack Strategy)

②ミッドスタック戦略(MSS:Mid Stack Strategy)

③ビッグスタック戦略(BSS:Big Stack Strategy)

 

ショートスタック⇒30BB以下のスタック

ミッドスタック⇒30BB~75BBのスタック

ビッグスタック⇒75BB以上のスタック 通常、フルスタックのこと

フルスタック⇒100BBのスタック 通常、100BBが1バイイン=持ち込み上限額

 

初心者にオススメの戦略は

①>②>③です!\(^o^)/

というのも、SSSは利益が少ない分、損失も少なく

オールインを多用することで技術差を埋めることができるからです

SSSやMSSで稼げるようになったらBSSに移行するのが良いと思います

 

しかしながら、ポーカースターズでは

最低バイインが40BBほどのためSSSを使えませんので

MSSが次善の策ということになりますね(; ・`д・´)

 

さて、それでは戦略を見ていきます

なお、以下のポーカーストラテジーの記事を参考にしました( ˘ω˘ )

 

参照

ja.pokerstrategy.com

ja.pokerstrategy.com

 

全ての戦略の共通事項14コ

 

①バイインはバンクロールの5%以下にする

 

テーブルに持ち込むお金は必ずバンクロール(資金)の5%以内にします

例えば、BSSなら2NLに2ドル持ち込むのに

バンクロールは40ドル必要ということになります

 

これは、かの有名なクリス・ファーガソンのバンクロール管理術に準拠しています

彼は、0ドルの状態でフリーロールから始めて、1年半ほどで1万ドルにしました

また、彼は数学の博士号を取得しており、彼の理論は信用できると思います

 

ポーカーに限らず、投資でも資金管理は最重要事項です

投資苑では、損失は資金の2%以下に抑えると書かれており

自分のリスク許容範囲内において変化させられますが

5%以上は危険と言えるでしょう

 

クリス・ファーガソンのバンクロール戦略

 

①バンクロールの5%以上のリングゲームとSTT(シングルテーブルトーナメント)には参加しない

②バンクロールの2%以上のMTT(マルチテーブルトーナメント)には参加しない

③キャッシュゲーム時にバンクロールの10%以上勝ったら、ブラインドが回ってきた時にゲームをやめる

 

f:id:neetkun2015:20161016211246j:plain

 

参照

www.pokerlistings.com

 

②テーブルに7人以上が座っている状態でプレイする

 

ポーカースターズなら9MAXが好ましいです

6MAXやヘッズアップはブラインドを支払う回数が増えて

タイトにプレイするのが難しくなるからです

 

③ZOOMではなくキャッシュゲームに参加する

 

プレイヤーのレベルは

ZOOM>キャッシュゲームです

短時間で多くのハンドをこなせて

分散を小さくできるため、上級者に好まれるからです

 

④BBが回ってくるまで着席しない

 

わざわざ、急いで参加するメリットはありません

トラッシュハンド(ゴミ手)にブラインドを支払うのはやめましょう

テーブルは逃げません

 

⑤タイトアグレッシブにプレイする

 

まずは、スターティングハンドをタイトに絞ることで

無意味な参加と無駄な損失を減らします

損失の最小化は利益の最大化と同じくらい重要です

スターティングハンド以外の手はフォールドします

 

⑥リンプインをしない

 

BBにコールするリンプインは弱いアクションです

スチールもできなく、レイズするハンドよりも弱い手であることが

明らかに分かってしまうというデメリットがあります

リンプインはプロの間でも賛否両論があり、しない方が無難です

ポーカーはアグレッシブなプレイヤーが勝つゲームです

 

⑦スロープレイをしない

 

スロープレイとは、ツーペア以上のモンスターハンドで

わざと、チェック・コールで弱々しくプレイして敵のベットを誘うアクションです

通常、推奨されないプレイなので、やめましょう!

なぜなら、フリーカードを敵に与えてしまうことで

逆転される可能性が高まるからです

 

例えば、こちらがフロップでKQsのスペードのフラッシュでも

ボードに4枚目のスペードが落ちることで、たちまち、雲行きは怪しくなります

敵がスペードのAを持っている可能性も考慮しないといけませんし

仮に敵がスペードを持っていなかったとしても

もうポットにお金を入れることは無いでしょう

 

また、多くの場合、フィッシュは

ルースパッシブのコーリングステーションであり

彼らは、自らベットするよりもコールすることを好みます

故に、こちらからベットして、敵に不利なコールをさせるのが上策です

 

⑧ティルトをしたら即座にゲームをやめる

 

バンクロールを破壊する最大の原因はティルト(冷静さを失うこと)にあります

超一流のプロプレイヤーですら、人間である以上、ティルトを完全には克服できません

まして、普通のプレイヤーなら絶対に避けられません

そのため、資金の5%以上を失ったら、その日はゲームをしないようにしましょう

プレイの反省点でも探した方が良いです

 

⑨ホールデムマネージャー2を導入する

 

ホールデムマネージャーとは、自分と敵のプレイ履歴を分析してくれる統計ソフトです

それによって、自分のプレイの問題点や敵の弱点が分かります

オンラインポーカーでは必須のソフトですので、すぐに購入しましょう

価格は約100ドルです

 

参照

ホールデムマネージャー2

 

f:id:neetkun2015:20161016220342j:plain

 

⑩ポジションについて

 

テーブルのポジションを以下のように定義します

 

①BP(ブラインドポジション)⇒BB(ビッグブラインド)とSB(スモールブラインド)

②LP(レイトポジション)⇒BU(ボタン)とCO(カットオフ)

③MP(ミドルポジション)⇒COより前3人 MP3、MP2、MP1

④EP(アーリーポジション)⇒MP1より前2人(10MAXなら3人) UTG2、UTG1

 

人数が9人以下なら、EPの側から順番に消していきます

例えば、6人テーブルなら

ポジションは、BB、SB、BU、CO、MP3、MP2

となり、EPは存在しないことになります

 

f:id:neetkun2015:20161016224344p:plain

 

⑪プリフロップでのレイズ額

 

基本的にオープンレイズの場合

4BBレイズを打ち、リンパー1人につき1BBを追加します

例えば、前にリンパーが2人いたら、6BBレイズをするわけです

しかし、リレイズをされる回数が増えてきたら

3BBにサイズ調整をしても構いません

 

リレイズをする場合は相手のレイズ額の3倍を打ち返します

また、コールドコーラー(レイズにコールするプレイヤー)1人につき+1倍を追加します

例えば、3BBレイズをされて、2人がコールしたら

5倍の15BBをリレイズするというわけです

 

⑫フロップ以降のベット・レイズ額

 

フロップ、ターン、リバーでベットする時は

CBを含むブラフベット・バリューベット共に同じ額でベットした方が良いです

もしも、ブラフベットが小さく、バリューベットが大きかったら

敵に自分の手がブラフなのか本物なのか簡単にバレてしまいます

そのため、ベット額を統一して迷彩を施す必要があります

 

ベット額はポットの60%~80%ぐらいが好ましいです

ポーカースターズでは、設定⇒ゲームプレイ⇒ベットスライダーから

スムーズにベットするためのボタンを設置できるので

ポットの3分の2をベットしてくれるボタンを置いておくと良いでしょう

 

レイズやリレイズをする際は、3倍にして打ち返します

プリフロップ同様、コールドコーラー1人につき+1倍します

 

⑬チップを3分の1以上つぎ込んだらオールインする

 

一般的にスタックの3分の1をポットに入れたら

ポットコミットしているため降りられません

そのため、ベット額が3分の1を超える場合はオールインを仕掛けます 

 

例えば、自分と敵が30BB持っている状況で、自分が10BBベットしたとします

そこで、敵がオールインした場合、ポットには40BBあることになります

ポットの40BBを得るために20BBを投資することが正当化されるには

勝率33.33%以上が必要になるわけですが、多くの場合では、この勝率は期待できます

無論、フロップ以降で負けてる可能性が濃厚な時はフォールドすべきです

 

⑭スチールについて

 

LPまで全員フォールドした場合

SB、BU、COにいる敵のレイズをポット狙いのスチールと見なします

スチールでは、敵のハンドレンジが広いことが想定されますので

こちらも、より多くのハンドでリスチールします

 

まとめ

 

①最初は徹底したバンクロール管理で破産しないようにしよう

②基本に忠実なタイトアグレッシブなプレイヤーを目指そう

③ポーカーストラテジーでフリーマネーをゲットしよう

 

本当は、この記事内に

ショートスタック戦略、ミッドスタック戦略、ビッグスタック戦略

の内容全てをまとめたかったのですが

あまりにも長くなってしまったので、分割しました_(:3 」∠)_

 

というわけで、次回に続きます!\(^o^)/