要約 三色ボールペンで読む日本語 ★★★★☆

はじめに

本日の本は、『三色ボールペンで読む日本語』です
『声に出して読みたい日本語』の著者である齋藤孝氏の著書です(´・ω・`)
 
この著書は、主に三色ボールペンを使って本を読むことの有用性
について書かれたものです(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
 
後半部分は実践例なので、前半部分だけ読めば、この本の趣旨は理解できます
三色ボールペンを使うことによって、要約力が向上
コメント力とコミュニケーション能力も上がるらしいです(゚Д゚)
 
三色とは赤、青、緑のことで
赤と青は客観的に大事こと
すなわち、要約になることに引き
緑は主観的、個人的に気になった文に対して引くらしいです(^ω^)
意外だったのは小説にも線を引くこと
 
こうすることで、より小説の世界を味わえるらしいです
このメソッドはレバレッジリーディングにも応用できるので
今後は赤線だけで無く、三色ボールペンを使って線を引いていきたいと思います(´・ω・`)

エッセンスメモ

●三色ボールペンの使い方
赤→客観最重要
青→客観重要
緑→主観大切
→赤と青を読めば要約になっているようにする
●線を引くのに本の種類は問わない
評論や実用書だけで無く小説にも徹底的に線を引く
→小説の世界をより理解でき、味わい深くなる
●要約力はコメント力、コミュニケーション能力の基礎である
→事態や状況を把握せずにする意見は無価値
→内容が的を射ていない beside the point
●三色ボールペン方式で要約力が向上する
→大事な箇所に線を引くのが要約の基本
●生産的なコメントは要約力を基盤とする
→客観と主観の割合は7:3か8:2
●客観的な要約力が共通認識を持つために必須である
●主観と客観は思考を出来るだけ遠くに飛ばす両翼である
●三色ボールペンのカチカチ音は主観と客観を切り替えるスイッチとなる
カチカチ音は脳をリラックスさせるメリットもある
→反復的な動作は集中力を維持するのに効果的
●読書とは他人の思考に寄り添うもの
→人の話をしっかりと聞くための根底的な訓練として有効
●読書によって積極的受動性が身につく
積極的受動性→積極的に物事を受け入れようとする構え
●三色ボールペン方式によってコミュニケーション能力が向上する
相手の話にとりあえず沿うことが良いコミュニケーションには必要
→読書によって積極的に相手の言葉を聞く構えが養われる