26 Views

結局、世の中、金

手っ取り早く、幸福になりたいなら

金を稼いで、仕事辞めることです(´-ω-`)

 

俺は金がほしいです(´・ω・`)

月20万使い、85歳で死ぬと仮定すると

20×12×64=153,600,000

1億5360万円あれば、一生働かずに暮らせます

 

とは言え

俺は実家に寄生してる上、無趣味なので

実際は、もっと少なくて済みます(‘A`)

(家賃、食費、光熱費が無料というのは実に素晴らしい!)

そのため、1億もいらないかもしれません

まあ、インフレが起きたらどうなるかは分かりませんが…

 

f:id:neetkun2015:20151211191303j:plain

 

金というのは、資本主義社会においては

絶対的なパワーを持つもので

多くの人間が金を得るために労働や犯罪をしているわけです(´・ω・`)

 

勘違い無きように言っておきますと

人生において重要なのは金よりも時間です(´-ω-`)

Time is money ではありません

Time is more than money です

 

そして、時間というのは金で間接的に買えるんですね(っ´ω`c)

例えば、歩く代わりに、お金を出して

新幹線や飛行機で短時間で目的地に着く

あるいは、専門的な知識を身につける時間を省くために

会計士や弁護士などの専門家にお金を支払ってサービスを受ける

または、社員を雇って、自分の仕事量を減らす etc.

 

現代社会は金でサービスを受けるシステムです(´・ω・`)

世の中は、金が無ければ、圧倒的に不自由なのです

昨日、こんな記事がありました

 

 

所得が低い家庭では肉野菜の摂取量が少なく

病院に行く回数も少ないので、歯が欠けやすいという記事です

貧困と健康の話ですね(´・ω・`;)

金があれば、肉も食えるし、異常が出たら、すぐに病院に行けます

しかし、金が無ければ、それができない

この差が金の力です

 

日本の治安が良いのも義務教育で最低限の倫理観があるからというよりは

飯を食うのに困るほど貧困じゃないというのが大きな理由だと思います

貧困と犯罪は相関関係にあります(‘A`)

金持ち喧嘩せず

という格言があるように

経済的余裕がある人々は、わざわざ犯罪を犯すリスクを取る必要がありません

そのため、国民が豊かな国である、モナコやドバイでは犯罪率が低いです

まあ、ナウルのような例外もありますが (笑)

 

参照

世界の殺人発生率 国別ランキング – Global Note

 

ユートピアの崩壊  ナウル共和国―世界一裕福な島国が最貧国に転落するまで

 

まあ、とにかく、資本家の家に生まれたわけでも無い限りは

経済的自由の獲得というのが人生において大きな目標となります

というのも、労働からの解放が幸福に結びつくと

個人的に信じているからです(´-ω-`)

 

俺は労働、仕事というのは

他人にサービスを提供するためにやるものだと思っています

そして、昔だったら、そういう仕事は奴隷にやらせていたわけで

現代なら、金を支払うことで代わりにやってもらうシステムです

つまり、金があれば労働をしないでも良い

という特権が得られるわけですね(っ´ω`c)

 

働かないでも良い

これは、最高の贅沢なわけですよ!(`・ω・´)

 

・つまらない仕事で寿命を削らずに済む

・嫌な上司や客の相手をしなくても済む

・満員電車に揺られなくてもいい

・朝早くに起きる必要もない

・残業もサービス出勤もない

・ブラック企業で過労死させられない

 

仕事をしないというだけでも

しょうもないストレスから解放されるわけです(´-ω-`)

 

f:id:neetkun2015:20151211191610j:plain

 

まあ、仕事に生きがいを見出せる人 (例えば、医者や学者)

あるいは、趣味が仕事 (例えば、プロ棋士やスポーツ選手、芸能人)

みたいな人を除けば、働かない方が幸せでしょう(´・ω・`)

その分の時間を趣味に費やせますからね

 

俺は本当に働きたくないんですよ

満員電車なんて絶対に乗りたくないし

朝早く起きて夜遅くまでつまんない仕事を

週5日間40年間もやるなんて、そんな苦行は嫌ですね

人生の半分、あるいは、それ以上を労働に捧げるなんて

本当に奴隷と変わらないと思います

早死にしたら、受験勉強と労働だけの

ただただ苦痛なだけだった人生になりかねません(´・ω・`;)

 

俺はエピクロスの快楽主義に基づき

ストレス、苦痛、恐怖を取り除いた

自由奔放な人生を生きたいわけですが

それを達成するためには

とどのつまり、金が必要なわけで

タイトルの結論に帰結するわけです(´・ω・`)

 

快楽主義の哲学 (文春文庫)

 

閑話休題

 

なぜ、自分は不幸なのか? それは、金が無いから

なぜ、自分の人生はつまらないのか? それは、金が無いから

 

以前、似たようなことを記事にして書きました

 

 

多くの人間は生まれながらに3つの鎖に縛られています(っ´ω`c)

 

①経済的鎖

②時間的鎖

③精神的鎖

 

①は金の問題、②は寿命の問題、③は幸福の問題 です

①、②、③は連鎖していますので

経済的自由⇒時間的自由⇒精神的自由

という風に解除されるはずです(´-ω-`)

 

つまり、経済的自由=金を獲得すれば

労働から解放されますので、時間に余裕ができて

時間的自由も獲得できます

そして、金と時間に余裕ができれば

趣味に没頭できるので、幸福になれるはずです(´・ω・`)

 

f:id:neetkun2015:20151211191804j:plain

 

まあ、あくまでも

これは理論上の話なので

金と時間に余裕があっても病気や無趣味なら不幸かもしれませんし

逆に金と時間に制約を受けたとしても

精神的に自由であれば、幸せになれるでしょう(っ´ω`c)

 

豊かさにも2種類あります(´-ω-`)

それは、物質的豊かさと精神的豊かさです

物質的豊かさとは、モノや金などの目に見えるものです

それに対して、精神的豊かさとは、幸福感です

当然、精神的充足感 > 物質的充足感

ではありますが、ある精神的充足感にある時に

物質的充足感が高まる=金を得る

とどうなるでしょうか?

恐らく、より精神的充足感が高まる=幸福になる

ことはあっても、充足感が低下することは無いでしょう

つまり、金はあってもプラスにはなれど

マイナスになることは無いということです

 

そもそもの幸福論の話をしますと

幸せというのは、当人の要求水準によって変化します

つまり、何が言いたいかといいますと

幸福というのは主観的なもので

幸福のレベルを下げれば

どんな状況でも幸せになれるということです(´・ω・`)

 

当たり前のことに感謝する(´-ω-`)

例えば、健康であったり

毎日、飯が食えてネットができる etc.

みたいな日常的なことって

普通に存在しているときは何も感じないんですが

無くなって、初めて、その本当の価値に気づきますよね

 

f:id:neetkun2015:20151211191916j:plain

 

だから、いくら技術が進歩して

100年前、10年前より暮らしが遥かに豊かになっても

現状に感謝、満足ができなければ

幸福を感じられないわけです(‘A`)

 

そのため、本来、実家に寄生して

何もしないでも飯が食える

俺は超絶ハッピーのはずなわけですが

悲しいことにアンハッピーです(´;ω;`)

なぜなら、俺の要求水準がそれよりも高いからです

 

俺の願いはシンプルです(´・ω・`)

 

・働かない

・つまらないことはやらない

 

これだけです!(`・ω・´)

つまらないことというのは、大学の勉強も含みます

働きたくなくて、大学に2回入った俺ですが

本当に大学の授業って面白くないですよ

もちろん、興味のある人にとっては楽しいのかもしれませんが

俺みたいに学問の才能も関心も無い人間にとっては

ただの単位を取るための試練でしかないわけです

だから、そもそも、講義なんて楽しいわけないんですよ

 

留年、休学、中退、卒業

どれを取っても、その先にあるのは絶望です

絶縁で家を追い出されるか、強制労働させられるかの

どちらかです そして、俺はどっちも嫌です(´・ω・`;)

だから、現在は、最低限、授業に出て

最低限、単位を取ることで、偽りの安寧を保っているわけです

 

タイムリミットは残り2年です(´;ω;`)

嫌だ!働きたくなーい!

 

f:id:neetkun2015:20151210195610j:plain

 

f:id:neetkun2015:20151210195751j:plain

 

f:id:neetkun2015:20151210195825j:plain

 

というわけで

やはり、働かないためには、金がいるわけで

タイトルどおりの

結局、世の中、金

という結論になってしまうんですね(´-ω-`)

大学在学中に何とか金を稼ぐシステムをつくりたいものです

 

しかしながら

短期間で少ない元手で大金を稼ぐ手段は、あまりありません

 

・株、FXなどの投機

・競馬やポーカーなどの投機よりのギャンブル

・宝くじやルーレットなどの完全に運任せなギャンブル

・スマホアプリやLINEスタンプ、作家などのクリエイティブ系

・治験

・せどり、転売

・アフィリエイト

・Youtuber

・生活保護

・精神か肉体を犠牲に障害者手帳

・新興宗教の教祖

 

こんな感じです(っ´ω`c)

 

クリエイティブ系は才能がないので無理ですし

コミュ障なので、Youtuber も教祖も駄目ですね…(´・ω・`;)

 転売は大して稼げないようですし

QOLを下げるナマポと障害者手帳も現実的じゃないです

 アフィはブログをいくつかやってますけど微塵も稼げないです

まとめブログとかエロ関連じゃないと難しいかもしれないですね…

 

ギャンブルは再現性の無い、ただの運否天賦なので論外とすると

やはり、株、FX、ポーカー、治験

この辺りに絞られますね(´-ω-`)

 

治験は結構、良いですよ

ジェネリック系なら成分は安全ですし

10日間の入院で15万円程度は稼げます!(`・ω・´)

種銭づくりとしてはオススメです

 

まあ、そういうわけで

俺は、20歳になった瞬間に相場に参戦して

世界を相手に勝負を挑んだわけですが

フルボッコにされて死にました(´;ω;`)

残金5000円という悲しき現状…

おまけに奨学金の借金が65万円あります

 

f:id:neetkun2015:20151210213949j:plain

 

俺は今のところ負け組ですが

いつまでも養分の植物プランクトンに甘んじているつもりは毛頭ありません

必ず、勝つ!(`・ω・´)

今月には治験の金が10万入りますし

正月には、お年玉という名の集金システムが発動します

さらに、治験をもう1回やる予定なので

まだまだ、戦えます

 

某大尉「 アイフォ戦士は、金がある限り戦わねばならんのだ! 」

 

f:id:neetkun2015:20151210183838j:plain

 

~まとめ~

これからの「債務整理」の話をしよう

 

ビリオネア生活白書―超富豪たちはどう稼ぎ、どう使っているのか

ビリオネア生活白書―超富豪たちはどう稼ぎ、どう使っているのか

  • 作者: ピーター・W.バーンスタイン,アナリンスワン,Annalyn Swan,Peter W. Bernstein,河邉俊彦,田淵健太
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 
金持ちになる男、貧乏になる男

金持ちになる男、貧乏になる男

  • 作者: スティーブ・シーボルド,弓場 隆
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2012/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 5人 クリック: 32回
  • この商品を含むブログを見る
 
トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

 
男はお金が9割

男はお金が9割

 
生活保護で生きちゃおう!  ―崖っぷちのあなた!  死んだらダメです

生活保護で生きちゃおう! ―崖っぷちのあなた! 死んだらダメです

 
これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 

Twitterで